沿革

一人でも多くの患者さまの健康を支えるために。ファーコスが歩んできた軌跡。

平成5年 2月 保険薬局の経営を目的に、株式会社日本医療事務センター(現株式会社ソラスト)の子会社として株式会社ファーム(現株式会社ファーコス・資本金1千万円)を群馬県桐生市に設立、第一号店としてクローバー薬局を群馬県桐生市に開局
平成9年 4月 経営の効率化および経営基盤の拡充を図るため、株式会社ファームを存続会社とし、同じく株式会社日本医療事務センター(現株式会社ソラスト)の子会社で保険薬局を経営する株式会社クレセル、株式会社オリーブ、株式会社エミックの3社を合併し、社名を株式会社ファーコスとし東京都千代田区に設立
平成11年 10月 有限会社成城ファーマシーを合併
平成12年 4月 介護保険施行に合わせ本格的に介護部門を立ち上げ
5月 保険薬局を経営する有限会社ヘルスケアセンターを子会社化
10月 有限会社ヘルスケアセンターを合併
平成13年 4月 株式会社日本医療事務センター(現株式会社ソラスト)の子会社で保険薬局を運営する株式会社ライズ、株式会社フェイスを子会社化
平成14年 4月 株式会社ライズ、株式会社フェイスを合併
平成15年 1月 保険薬局を経営するアメニティ株式会社を子会社化(7薬局)
平成16年 1月 保険薬局を経営する東京調剤株式会社を子会社化(12薬局)
平成19年 4月 アメニティ株式会社、東京調剤株式会社を合併 

有限会社たちばな調剤薬局を子会社化

7月 有限会社杏友(村山中央薬局)を子会社化
12月 株式会社白河調剤薬局を子会社化
平成20年 10月 株式会社スズケンの子会社となる
平成21年 4月 株式会社白河調剤薬局、有限会社たちばな調剤薬局及び有限会社杏友を合併
12月 旭化成アイミー株式会社より、5薬局を譲り受け
平成24年 1月 株式会社工藤調剤薬局を合併
平成25年 1月 両毛医薬品株式会社を合併
平成28年 1月 (株)すずらん薬局を合併(10薬局)

平成5年2月
保険薬局の経営を目的に、株式会社日本医療事務センター(現株式会社ソラスト)の子会社として株式会社ファーム(現株式会社ファーコス・資本金1千万円)を群馬県桐生市に設立、第一号店としてクローバー薬局を群馬県桐生市に開局
平成9年4月
経営の効率化および経営基盤の拡充を図るため、株式会社ファームを存続会社とし、同じく株式会社日本医療事務センター(現株式会社ソラスト)の子会社で保険薬局を経営する株式会社クレセル、株式会社オリーブ、株式会社エミックの3社を合併し、社名を株式会社ファーコスとし東京都千代田区に設立
平成11年10月
有限会社成城ファーマシーを合併
平成12年4月
介護保険施行に合わせ本格的に介護部門を立ち上げ
平成12年5月
保険薬局を経営する有限会社ヘルスケアセンターを子会社化
平成12年10月
有限会社ヘルスケアセンターを合併
平成13年4月
株式会社日本医療事務センター(現株式会社ソラスト)の子会社で保険薬局を運営する株式会社ライズ、株式会社フェイスを子会社化
平成14年4月
株式会社ライズ、株式会社フェイスを合併
平成15年1月
保険薬局を経営するアメニティ株式会社を子会社化(7薬局)
平成16年1月
保険薬局を経営する東京調剤株式会社を子会社化(12薬局)
平成19年4月
アメニティ株式会社、東京調剤株式会社を合併 

有限会社たちばな調剤薬局を子会社化

平成19年7月
有限会社杏友(村山中央薬局)を子会社化
平成19年12月
株式会社白河調剤薬局を子会社化
平成20年10月
株式会社スズケンの子会社となる
平成21年4月
株式会社白河調剤薬局、有限会社たちばな調剤薬局及び有限会社杏友を合併
平成21年12月
旭化成アイミー株式会社より、5薬局を譲り受け
平成24年1月
株式会社工藤調剤薬局を合併
平成25年1月
両毛医薬品株式会社を合併
平成25年1月
両毛医薬品株式会社を合併
平成28年1月
(株)すずらん薬局を合併(10薬局)

PAGE TOP